メディカルアロマについて

精油.JPG

ご存知でしょうか。

フランスではアロマ(精油)は医師の処方により、経口投薬・座薬など治療目的で使用されています。

 

日本でのアロマ(精油)の使い方として「香り楽しむ・香りでの心身的効果を期待する」が主流です。

メディカルアロマの認知度は低いですが、最近ではアロマ(精油)の成分や薬理作用、成分の科学的な組成などから日本人に対してのアロマテラピーの効果や使い方、精油処方集を構築することが可能になってきました。

 

メディカルアロマは元気・健康でいるためのキーワード『免疫』『ホルモン』『神経(自律神経)』へのアプローチを得意としています。

~今抱えているカラダやお肌のあらゆる悩みの解決に役立ち、継続的にお手入れする(取りいれる)ことで結果的に『エイジングケア』~

Terre beauteでは、お客様の体質・体調、目的により精油を選択し、その時その時でブレンドしお手入れしています。 

 

※Terre beauteでは「ケモタイプ精油」を使用しています。

ケモタイプとは、精油に含まれる成分を化学的に分析し、特徴的な成分含有割合で植物を同定して分類するという考え方で「化学種」とも訳されます。

植物上では同じ学名の植物でも、土壌や標高・気候など生育条件によって含まれる特有の成分の含有が異なる場合があります。

植物を学名で特定して、さらに成分分析を行い内容成分を確認することで、様々な症状に対応できる効果を期待することができます。

数種の精油を組み合わせることで相乗効果が生まれたり、症状に対応する成分を組み合わせることで早く改善することが可能になります。

 

【ケモタイプ精油の条件】

1、植物学名で品種の特定をしていること

2、蒸留部位(花・葉・根・実など)が明記されていること

3、成分分析を行い、その結果を誰にでも公開していること

4、蒸留をしたロット番号を明記していること

5、生育地、または蒸留地が明記されていること

6、蒸留年月日が明記されていること

以上の事項がすべて確認できる精油が「ケモタイプ精油」です。

 

 

 

トップへ戻る